逆SEOでネガティブな要素を早期発見、削除を繰り返すことで、上位に表示されなくなります。

MENU

逆SEOとは?メソッドのSEO対策

 

株式会社メソッドでは逆SEOを行うサービスを提供しています。
そもそもSEOという単語を聞き慣れない人も居るでしょう。
まずはSEOが何なのかを解説し、そこから逆SEOの紹介をしたいと思います。

 

SEOとは、Search Engine Optimizationの略称で、検索エンジンの最適化という意味で使われます。
もっと簡単に言うと、GoogleやYahooで単語を検索した時に関連深いサイトの情報が優先的に表示されることです。

 

単語を入れて検索すると、ほぼ間違いなく関連深いサイトが表示されると思います。
これは単語を元に検索エンジンが最適化を行っているから、有力な情報が上部に表示されるのです。

 

Googleなどでは、関連性がどれぐらい強いかを複雑なシステムによって判別しています。
検索したキーワードがテキストに含まれているだけでは上位に表示はされないのです。
そのため、SEO対策を行い検索上位に表示されるようにするサービスが成り立っています。

 

この正反対の行為が逆SEOとなります。

逆SEOは検索されても上位に表示されないようにするようにします。
誹謗中傷や風評被害に関わる情報は誰にも見られたくはありません。
そうした時に逆SEO対策を行い、検索に引っかからないようにするのです。

 

指をさす男性

 

株式会社メソッドが行う逆SEOは、SWAGというネットを監視するツールを使います。
SWAGによりTwitterYahoo知恵袋2chなどが監視されており、登録したネガティブなキーワードを検知すると一覧に表示されます。

 

ネガティブな要素を早期発見することで、素早く削除依頼を出すことが可能です。
こうした削除を繰り返すと、SEOで情報が上位に出て来ることは無くなります。

 

さらに、再発防止による対策も行われるので、誹謗中傷の逆SEOにかなり高い効果が見込まれるのです。

 

インターネットの恐ろしいところは、自分の知らぬ間に被害が発生しているケースです。
陰でじわじわと悪評が広まっていることもあるため、危機管理が非常に重要な時代になっています。
取り返しの付かない状況になる前に、早期の対策が大切になります。